So-net無料ブログ作成
検索選択
洋画 ドラマ ブログトップ

千年の祈り [洋画 ドラマ]

娘に隠す秘密ってなんだろう?気になる・・・。きっと娘を持つ親の気持ちがよくわかる映画ですね[グッド(上向き矢印)]第1回フランク・オコナー国際短編賞などを受賞したイーユン・リーの珠玉の短編小説で原作者が脚本も書いているので、本のとおり楽しめそうです[わーい(嬉しい顔)]
value="always">
千年の祈り | ウーマンエキサイト シネマ(映画) http://woman.excite.co.jp/cinema/movie/mov14860/ 父と娘、ふたりの想いが、祈りになる引退生活を送るシーは北京から、アメリカで独り暮らしをする娘・イーランの元へやってきた。離婚した娘を心配してのことだ。しばらく娘の部屋に滞在することになったシーは、朝食もろくに食べず帰りも遅いイーランの生活を案じ、自ら料理を作り、娘の帰りを待つ日々。日中は公園のベンチでイラン人のマダムと片言の英語とジェスチャーで会話を楽しんでいた。しかし、そんな彼には娘に隠している秘密があるのだった…。原作は第1回フランク・オコナー国際短編賞などを受賞したイーユン・リーの珠玉の短編小説。祖国から遠く離れた言語の異なるアメリカを舞台にある父と娘の絆と再生を描いたこの物語を、『スモーク』のウェイン・ワン監督が映画化。父シーと娘イーランの関係を中心に、人々の姿を静かに、しかし叙情的に映し出した。感情の動きや心のつながりの繊細な切り取り、それを観る者の胸にじんわりと染み込ませていく。シーを演じたヘンリー・オーはベテラン俳優らしい味わい深い演技を披露。イーラン役のフェイ・ユーも父に複雑な感情を抱く女性をしっかりと演じきっている。脚本は原作者のイーユン・リー自身が担当した。 2009年11月14日より 恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開

監督: ウェイン・ワン
原作・脚本: イーユン・リー
出演: ヘンリー・オー / フェイ・ユー / ヴィダ・ガレマニ / パシャ・リチニコフ
千年の祈り - goo 映画 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD14860/index.html (C)2006 Sidney Kimmel Entertainment,LLC.All Rights Reserved.引退生活を送るシーは北京から、アメリカで独り暮らしをする娘・イーランの元へやってきた。離婚した娘を心配してのことだ。しばらく娘の部屋に滞在することになったシーは、朝食もろくに食べず帰りも遅いイーランの生活を案じ、自ら料理を作り、娘の帰りを待つ日々。日中は公園のベンチでイラン人のマダムと片言の英語とジェスチャーで会話を楽しんでいた。しかし、そんな彼には娘に隠している秘密があるのだった…。[ 2009年11月公開 ]

ウェイン・ワン監督最新作『千年の祈り』公開決定
http://news.livedoor.com/article/detail/4232698/
世界中から注目を集める中国人女性作家イーユン・リーのデビュー短編集に収められた一編を映画化。
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007787
ウェイン・ワン監督「千年の祈り」が中国から出資を受けられなかった理由とは?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000025-eiga-movi

見た人の感想を聞きたいです[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドゥーニャとデイジー [洋画 ドラマ]

エミー賞にノミネートされたオランダの同名人気テレビドラマ・シリーズを映画化したガールズ・ロード・ムービーだそうです。オランダの若者の生活が懐間見れて楽しそうです[わーい(嬉しい顔)]

ドゥーニャとデイジー | ウーマンエキサイト シネマ(映画) http://woman.excite.co.jp/cinema/movie/mov15125/ 2人一緒にとびきり素敵な旅をしたオランダのアムステルダムに暮らすモロッコ移民で厳格なイスラム教徒の娘ドゥーニャと、シングルマザーに育てられた自由奔放な生粋のオランダ娘デイジーは、性格こそ正反対だが大の仲良し。18歳の誕生日を迎えたドゥーニャは嫌々ながら見合いをするため家族でモロッコへ里帰りすることになる。一方、妊娠が発覚し悩むデイジーはモロッコにいるらしい実の父に会うために、ドゥーニャの後を追うように旅立つのだった。陽気で真っ直ぐなデイジーと、知的で思慮深いドゥーニャはまるで太陽と月。2人は大喧嘩もするが、互いの弱点を知り尽くしピンチには必ず味方になってくれる掛け替えのない存在だ。そんな彼女たちの友情を軸に、移民問題から母と娘の確執、この世に生を受けることの意味を問う永遠の命題に至る普遍的なテーマが幾重にも折り込まれ、それでいて軽快さを失わない素晴らしくこなれた脚本と演出が光る。02~04年にかけて好評を博したオランダの連続TVドラマを、ドラマ版の演出も手がけた女性監督ダナ・ネクスタンが映画化。主役の2人には同じくドラマ版でブレイクしたマリアム・ハッソーニとエヴァ・ヴァンダー・ウェイデーヴェン。 2009年11月7日より K’s cinemaほか全国にて順次公開

ドゥーニャとデイジー - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15125/index.html
.オランダで大人気のガールズ・ドラマが映画化&日本上陸
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000001-pia-movi
内向的な女の子が似合う、日本人好みのオランダ女優に注目!
http://news.livedoor.com/article/detail/4435778/
吉川ひなの、女友だちとのバカンスでパンツ一丁写メ!
http://news.livedoor.com/article/detail/4417481/
http://www.cinematoday.jp/page/N0020321
オランダ期待の星、日本人ウケしそうなエキゾチック美少女って?
http://news.livedoor.com/article/detail/4351085/
見た人の感想を聞きたいです[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

副王家の一族 [洋画 ドラマ]

イタリア統一前夜のシチリアでのドラマです。一番大切なものは、権力?お金?自由?それとも愛?
イタリア一美しいイケメンがセレブ[わーい(嬉しい顔)]セレブな生活が垣間見れる映画ですね。
副王家の一族 19世紀半ば、スペイン・ブルボン王朝支配下のシチリアはカターニャ。国王代理を務める副王の末裔で名門貴族ウゼダ家の当主ジャコモは「憎悪こそ生きる秘訣」を信条に、肉親にも情け容赦を厭わない暴君として君臨していた。そんな父への反抗心を募らせながら嫡男コンサルヴォは成長する。時代が変貌しようとも権力への執着を捨てることはない父を否定し我が道を行こうとするが、やがて自らが当主となる日がやってくる。 [ 2009年11月7日公開 ] http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15162/index.html

監督 : ロベルト・ファエンツァ
原作 : フェデリコ・デ・ロベルト
出演 : アレッサンドロ・プレツィオージ 、 ランド・ブッツァンカ 、 クリスティーナ・カポトンディー 、 グイド・カプリーノ
フェデリコ・デ・ロベルトの古典小説を原作に、政略結婚や遺産争いの愛憎と欲望、激動の時代の政治と迷信に翻弄(ほんろう)されるシチリアの名門貴族の姿を描く一大叙事詩... http://www.cinematoday.jp/movie/T0007877

2008年イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)4部門受賞作品。
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22560/

かなりのイケメン↓[るんるん]
女性から人気の“イタリアいち美しい男”が魅せる真のセレブ
http://news.livedoor.com/article/detail/4437586/

上品に気分良くイタリア語を学べそうですね。
『副王家の一族』でイタリア語を勉強しよう! 第9回世界イタリア語週間開催中!
http://news.livedoor.com/article/detail/4413024/
「副王家の一族」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
見た人の感想をしりたいです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
洋画 ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。